田村 晃司 Koji Tamura

ヴァイオリニスト

アカデミックディレクター

  • Musicヴァイオリンコース
  • Musicアンサンブルコース
  • Music専門コース

5歳よりバイオリンを始め、15歳より現在まで伊丹シティフィルハーモニー管弦楽団に入団。21歳の時に、アイリッシュフィドルに衝撃を受け師事。アイルランド音楽を中心とした民族音楽・ロック・ポップスの奏法や概念を研究。再度、クラシックバイオリンの基礎とともに、バイオリンの教授法等を学び、演奏とレッスンの活動を開始する。これまでに、伊丹シティフィルハーモニー管弦楽団での活動のほか、フリープレイヤーとして、数多くのオーケストラへの参加や室内楽のエキストラやブライダル演奏、プロシンガーやバンドのサポートなども行う。また、近年は、クラシックに限らずギターユニットや様々な舞台音楽のレコーディング、小劇場のお芝居、イベントの出演や収録などジャンルを問わず積極的に活動。関西に限らず全国各地での公演に参加する。現在、カワイ音楽教室及び小阪楽器店の講師として、バイオリン指導法の研究に取り組みむ他、関西を拠点に、各地で画期的な個人レッスンや、アンサンブルレッスン、弦楽トレーナーとして画期的なレッスンを行う。

Violinist, Music Academic Director

  • Music Violin Course
  • Music specialized course
  • Music ensemble course

Koji Tamura started playing the violin at the age of 5 and joined the Itami City Philharmonic Orchestra at the age of 15 and he is still a player. He was influenced by Irish fiddle music performed by a famous violinist. After studying the playing methods and concepts of folk music and rock and pop music centered on Irish music, he will again learn the basics of classical violin. He learned the teaching methods of violin, then played concerts and taught violin lessons. So far, in addition to activities at the Itami City Philharmonic Orchestra, as a free player, he has participated in many orchestras, quartets, assisted amateur orchestras, wedding ceremonies, and support for singers and bands. In recent years, he has been actively involved in recording not only classical music but also playing in a guitar band and various styles of music performances, and appearances and recordings of events such as plays in small theaters. Currently, as a lecturer at Kawai Music School and Kosaka Music Store, he is engaged in research on violin teaching methods, and is developing innovative individual lessons in various places based in Osaka and Hyogo.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。